前へ
次へ

食事の大切さを学ぶ意味

食事の内容が良くないと、生活習慣病になったり寿命が短くなる恐れがあり、体質に合わない材料があれば、ア

more

食を人に提供する時の注意点

ホームパーティーや贈り物には、手造りのものを振る舞いたいと考えている人もいるでしょう。ですが、この時

more

特別な日と普段とで食事に変化を

昔はご馳走は特別な日しか食べられず、普段は質素なのが当たり前でした。今でも地域によってはそれを当たり

more

食事のバランスの意味を考えてみる

ダイエットだからと何も口にしないでいるとどうなるかですが、その状況を続けてしまうとやがて死んでしまうかもしれません。体の中に脂肪分などエネルギーの一部はため込まれています。何も口にしなくてもそこからエネルギーが補給されるので一応活動はできそうです。しかしエネルギーだけがあっても正常に生活できるわけではなく、体が正常に機能するための他の栄養素がきちんと補給されなければいけません。何も口にしないダイエットは非常に危険と言えます。まったく口にしないまでも一定の制限を行う人はいて、その時には栄養の偏りが問題視されたりするでしょう。では何を守るようにすれば健康的にいられるかです。このときのポイントとしてはいかにバランスの取れた食事ができるかになりそうです。かつては1日30品目と言われ、それだけを口にしていれば自然に健康的になるといわれました。今は30品目は多すぎるとのことで少し減らされていて、それでもそれらを口にしないといけないとされます。食事におけるバランスには栄養素のバランスもありますが、それ以外にもバランスを考えた方がいいかも知れません。種類の他には量のバランスがあり、いくら均等であってもその人の生活より多すぎたり少なすぎるのは良くありません。適量と言われる量があるのでそれを意識すると良いでしょう。ダイエットをするにしても適量から少し抑えることで摂取カロリーが減るので、健康的に痩せられるかもしれません。栄養補給をする目的もありますが、食べること自体が楽しみであることも重要になっています。嫌いなものだとなかなか楽しむことはできませんし、時間に追われたりするのも楽しめないでしょう。嫌いなものを全く排除するのがいいことではありませんが、調理を工夫して嫌いでないようにすると楽しめるようになるかもしれません。また時間に関しても無理に生活に組み込むのではなく、余裕をもって食べる時間を設けるようにすれば楽しむことができるようになるでしょう。

Page Top